2014年05月15日

鈴の音を連れて003-2 >栄でお買い物>マックで一息>映画鑑賞

【2014/5/3デートレポート狼視点編その2】

 合流は早かった印象なんですが、多分新幹線のおかげでしょうか。


 そして映画チケット購入後から色々問題発生。


【2014/5/3デートレポート狼視点編その1】から読む




名古屋駅に戻る途中で「足を休めるのを忘れましたね」と仔猫。



そういえば、と気付いて、クレープ買ったら一休みする約束で駅に着いて、


先ずはクレープ屋に……と歩いたんですが

その間に仔猫は足の痛みを訴えていて、そろそろ休ませてあげないと……


と焦ってまして。




それが先述の「惨劇」の幕開けでした。


先ず、調べて記憶していた場所に、お店がない。


酷い記憶間違いだったようで、調べ直したお店に辿り着く頃には


涙目で完全に無言な仔猫に……

片手に扇子、片手にドリンクで手も繋げず…


繋いでくれない……! …怒ってる……!?


と、此の間ずっと内心焦っていたとか何とか。



ちなみに後で訊いたら、怒ってるんじゃなくて、


痛かったり疲れてたりするとこんなふうに無言になるそうで。


言葉が出ないくらい痛かったね、ごめんね、と余計申し訳なく……


クレープを買っても落ち着いて座れる場所が見つからず、更にあせあせ。


クレープの香りで一時的に元気が戻ったものの、一時凌ぎでしか無く。


うっかり足早になってしまい、仔猫も遅れ気味で……



このまま名古屋駅に居ても座れない、と思い、栄に移動すべく地下鉄の駅に。

途中でおんぶしようかと言ってみましたが


流石に人混みでおんぶは危険だし恥ずかしいだろうなと言ってから後悔。


勿論お断りされましたが。


駅のホームに入っても、ベンチが一つもなく。


人の流れを止めないためなんでしょうが、少しくらいあっても……


と思いながら地下鉄待ち。



先に到着したのは座れそうもなかったので、一本後のに乗り込んで、


二駅の間だけ座ることが出来ました。


私「栄に着いたら、靴を買いましょう」


仔猫「……はーい」


ということで、予定外でしたが栄の地下街で靴屋巡りに。


ニ、三軒目で、ヒールがなく、底がクッションになっていて歩きやすい靴を発見。



何より、リボンがデザインされてて可愛い……!


色も黒で、今のモノトーンな色合いの仔猫の服装にぴったりで。


店のおじさんにサイズの調節をしてもらい、購入。


何でも足が痛くて靴を履き替えるお客さんはこの日で三人目くらいだったそう。


まあ、連休ですしね……皆沢山歩いたんでしょうね……


靴を履き替えてちょっぴり笑顔が戻った仔猫。


ひとまず座る場所を、と三越の休憩用のソファに座り、


二人でクレープをもぐもぐ。



前回と同じくもぐもぐ食べて、一生懸命飲み込んでる様子がとっても可愛くて。


細長いクレープを持ってにこにこ食べてるのは、


人参もったうさぎさんみたいで、これまた可愛くて。



また仔猫に見惚れては「食べにくい」と毎度のやりとりをしつつ、食べ終わり。


栄養補給も済んですっかり御機嫌の仔猫に、私もほっと胸を撫で下ろしました。


栄に来た理由は2つ。


「前回のデートで紛失した指輪を買い直す」のが一つ。


「夏場向きの寝間着を探す」のが二つ目で、先ずは指輪を探しにラシックへ。



前々回にお世話になった「ete」さんに向かいました。

行ってみたら店員のお姉さんが仔猫の事を覚えていたようで。


まあこれだけちいちゃくて可愛くて、しかも7号の指輪買っていくような仔猫なので、


記憶にも残るだろうなと変に納得。



しかし、ここで更に驚きの新事実が発覚することに。



前の指輪、少し緩いかも、とメールでお話してたりしたので、


仔猫「7号より、小さいの有りますか……?」


店員「そうなると、ピンキー(小指用)リングになりますね。1号、3号、5号となっております」


仔猫「(先ず5号を薬指にはめてみる)……入りますね……」


私「(吹き出す)」


店員「3号ではいかがですか?」


仔猫「(3号を同じく薬指に)……こっちの方が緩い感じがしないですね……」


私「(腹抱えつつ)どういうことですか……」


店員「凄い繊細な指の彼女さんなんですね……」


(※記憶を元に再構築した会話なので実際とは若干異なります)


ということで、仔猫の薬指の指輪サイズは「3号」と判明しました。



……後で私の指と比べてみたら、薬指が本当に私の小指より細かったとか。


仔猫の手のちいちゃさを実感……



仔猫がこんなに可愛くてちいちゃいのが嬉しくて、店員さんの反応も面白くて、この間笑いが止まらなかったとかなんとか。

その後、靴を買って貰ったからと寝間着を探すのを遠慮していた仔猫でしたが、



とりあえず見るだけ見てみようと強行。栄NOVAのしまむらへ。


……これは後で知ったのですが、「しまむら×LizLisa×マイメロ」コラボの「Lizmelo」第二弾の発売日当日だったらしく。


エスカレーターを上がった直後に発見し、仔猫のテンション急上昇。



気に入ったのを手にして試着室へ。


試着室の扉が上下の空いてるタイプのもので、私の身長だと鏡越しに中が見えてしまいそうだったので背中向けつつ待つことに。


その扉を開けて現れた仔猫の姿が……可愛い……!


なにこれ、どこのお嬢様ですか……


何か可愛い可愛いばっかりで申し訳ないですが、仔猫は本当に可愛いお洋服が似合います。


頬緩みっぱなしです。


これも買おうかと思ったのですが、予定外の偶々のお買い物なのと、


私のお財布への仔猫からの思いやりで、仔猫のお財布から……すみません。


肝心の寝間着も探したのですが、しまむらでも地下街でも良いのが見当たらず……


仔猫はどこかで落ち着いてお話したい、と言うので


そう言えばマックも行ってなかったね、と暫く探したものの良い場所がなく。


名古屋で映画館に行く途中のマックにしましょうと言う仔猫の提案に乗り、一度名古屋へ。


先も同じ道を歩いてたのですが、靴が変わると仔猫の足取りも軽く、おてて繋いで道を歩いて



途中の屋台?にて、仔猫が何かを発見。


何かと思えば、最近の仔猫のお気に入りの「ぽてうさロッピー」シリーズのぬいぐるみが……!


その中でも仔猫のお気にい入りの「みみぴょん」のぬいぐるみを購入して、プレゼント。


みみぴょんの事を仔猫の「生き別れの妹」なんて普段お話してたりするんですが、


はしゃぐ仔猫の姿は本当に嬉しそうで、姉妹のようで……いやいや。



そうこうしていると、マックに到着。


二人でシェイクを買って、奥の席へ。


そこで仔猫のコンタクトをそろそろ交換となって、トラブル発生。


換えたコンタクトの向きを間違ったのか、ずれているのか、痛い、と……


そして何度かつけ外ししてるうちに、つけてるのか取り落としたのか解らなくなって、


でも目が痛い、と仔猫がじたばた……

洗面所と席の間を行ったり来たり。


その前に男の子達がたむろし始めていて、仔猫に触れるんじゃないかと心配になりつつ、後姿も可愛いなと思っては、それどころじゃないと私の思考も行ったり来たりして。


何とかしようと涙目で目元を確認しながら、何度も「時間どれくらい?」と聞いて来て。


映画楽しみなんだねと内心嬉しかったけど心配で。



大丈夫、と仔猫の頭を撫でるくらいしか出来なくて申し訳なかったです。

暫く仔猫が目元弄ってるうちに、ようやく外れた様子。


コンタクトはもう無いので眼鏡姿に。


地味になる、と仔猫は言っていたけど、赤い眼鏡がとっても似合ってて可愛いんです。


少し休んで目の痛みが和らぎ、眼科に行かなくても大丈夫そう、


と仔猫が言うので、何かあったらすぐに言う事を約束して、映画館に。


結局あまりお話できなかった気もしますが。


映画館に到着して、ポップコーンとドリンクを購入していたら、


開始時間ぎりぎり過ぎた辺りで入場することに。


まあ予告編とか映画泥棒とかが入るから本編には平気だったのですが。


私は3D映画観るのは初めてで、仔猫は映画館自体が初めて……今よりちいちゃい頃に行ったらしいですが覚えてないそうで。


聞いてはいたものの、ポップコーンのトレーの設置(ドリンク置き場に設置するタイプ)に戸惑う姿を見て、とても初々しいなと思いつつ。


並んで座って間にポップコーン設置、手を繋いで鑑賞スタート。


映画の内容のネタバレは避けるとして。


メインが姉妹という事で、恋愛要素は控えめでしたが無い訳でもなく、


ストーリーも映像美も、流石評判がいいわけだ、と納得の内容でとても楽しみました。


偶にふと隣を眺めた時の、真剣にスクリーンを見つめる仔猫がまた可愛くて。


日本語キャストの並び順を見て、そんなに重要だったんだ、雪ダルマ、とか余計な感想も抱きつつ。

終わった後うきうきで映画館の外に出たら、そこから見える夕焼けが綺麗で、暫く眺めてから、


今までまともに行けなかったカラオケに行くことに。


あ、ちなみに階下のクレープ屋さんは閉まってまして、結局「本日は営業してません」と言うことだったようで。


張り紙とか欲しかった……。



続きます


▼ランキングへの投票はこちら▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by のんびり狼 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月夜の逢瀬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102956748

この記事へのトラックバック